ヨットを出品

ヴェラシスマリーナ

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第215回

斎藤智

浦賀の港が見えてきた。

浦賀のある港は、横須賀、久里浜の発電所、大きな白い長い煙突が立っているので、物標になって、目指しやすい。

煙突が見えて来たら、その先にある港が浦賀だ。

ヴェラシスマリーナの目の前には、もう一個マリーナがある。

そちらのマリーナは係留ではなく、陸上にクレーンで上架してボートやヨットを保管している。

一方、ヴェラシスマリーナは、うちの横浜マリーナと同じように、水面係留と上架保管が半々ぐらいだ。

横浜マリーナの場合、上架保管のボート、ヨットは、すべて屋根付きの艇庫の中に保管しているが、ヴェラシスマリーナの場合は、艇庫でなく屋外に保管されている。

「そこのポンツーンに泊めるよ」

隆が指示をだして、クルーの皆はフェンダーや舫いを用意して、着岸に備えている。

いつもなら、ラッコがポンツーンに着岸するときは、自分たちで上陸してロープを岸壁に結んでいるのだったが、ヴェラシスマリーナでは、スタッフが迎えてくれて、ロープを取ってくれるので、着岸がとても楽だった。

後ろにやって来たマリオネットも、ドラゴンフライも着岸した。

今夜は、このポンツーンで一泊して、明日の朝に横浜マリーナに帰る予定だ。

着岸が終わり、一服すると、お昼のごはんになった。

マリオネットやドラゴンフライの乗員も皆、ラッコのキャビンに集まってきた。

キャビンの中では、さっきまで寝ていた麻美が、ルリ子や香織たちとお昼の食事を調理していた。

「起きていたの?」

さっきの着岸のとき、デッキに出てこなかった麻美に言った。

「ええ、起きてましたよ」

麻美は、返事した。

「もうすっかり目も冴えてます。ぐっすり眠らせてもらったから」

麻美は、隆に自分の目を指で大きく開いて見せた。

「麻美って、けっこう美人なんだな」

隆は、麻美の顔を覗きこんで言った。

「あら、今ごろ気づいたの?」

「え?」

隆は麻美を見た。

「いや、前から美人じゃないかなとは、思っていたけどね」

隆は、少し赤くなりながら答えていた。

「ひゅーひゅー」

それを見た佳代、ルリ子たちが、隆と麻美を茶化していた。

「後で、浦賀の町に遊びに行きましょうね」

あけみは、皆に茶化されている二人を笑顔で見ながら言った。

「麻美さん、ここに来るの初めてですものね」

「ええ、あんまり浦賀の町知らないから、案内してくださいね」

麻美は、あけみに言った。

「え、うそ!麻美、ヴェラシスに来たことあるだろう」

隆は、麻美に言った。

「え、ないよ」

「あるよ!」

そう答えたのは、隆でなくルリ子だった。

「なぁ、去年もここに来ているよ」

隆は、麻美に言った。

「そうだったかな」

麻美は、自分の記憶を確かめていた。

浦賀の町

午後、食事が終わると、皆はヴェラシスマリーナを出て浦賀の町を歩いてみることになった。

「あれ、そういえばそうだね。ここに来たことあるよね。ここのレストランでカレーを食べたよね」

ヴェラシスのエントランスを通るとき、麻美は思い出したように、隆に言った。

ヴェラシスマリーナの前からバスが出ている。

そのバスに乗れば、浦賀の駅のほうにも出れたが、駅までは行かずに、港の周辺で途中下車してペルーが上陸した場所とか砲台を眺めて、ぶらぶらと歩いていた。

港の周辺をだいたいぜんぶ周りつくすと、またやって来たバスに乗って少し駅に近づいたところまで行き、そこで途中下車をして浦賀の町をぶらぶらする。

「初めての町でバスに乗ったり、降りたりして、なんか楽しいね」

「なんだか、ぶらり途中下車の旅しているみたいじゃない」

香織が言った。

「あれ、あれ、香織ちゃん。なにか見つけたんですか?」

ルリ子が、ぶらり途中下車の旅のナレーションのマネをしている。

「ルリ子さん、ルリ子さん、美味しそうなあんみつのお店見つけましたよ」

香織も、ルリ子のモノマネに乗っかって、ぶらり途中下車の旅の旅人のマネをしていた。

二人が、ぶらり途中下車の旅ごっこをしていると、

「香織さん、中に入ってみましょうか」

麻美までもが、二人に合わせて、ぶらり途中下車の旅のナレーションのマネをしている。

「はーい、じゃ、入ってみますね」

「そうしましょうか(^^)/」

香織が、お店の扉を開けて中に入った。

その後に続いて、皆もぞろぞろとお店の中に入って、中に用意されている席に着いた。ぶらり途中下車の旅だと、旅人は、たった一人なのに、こちらは大人数、大勢だ。

なにしろ、ラッコのメンバーに、マリオネット、あけみちゃんたちのドラゴンフライと三艇のメンバーが一緒になって行動しているのだ。

海の日の連休で、暑い日だったので、出てきた冷たいあんみつが喉に心地よかった。

「後は、どうする?」

「後は、特におすすめする名物も無いので、船に戻りますか?」

あけみが言った。

「それじゃ、駅前まで行ってもいいかしら?今夜のおかずを、なんか買って帰ろうかな、って思って」

麻美が言った。

「さすが、主婦だな」

隆が言った。

そんな隆の顔を覗きこんで、笑顔で頭をやさしく撫でる麻美だった。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。