浦賀のヴェラシス

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第107回

斎藤智

浦賀にヴェラシスという名のマリーナがある。

三崎、東京湾の入り口から東京湾内に入湾すると、やがて大きな真っ白な煙突が見えてくる。

横須賀にある火力発電所の煙突だ。

大島や外洋から東京湾に戻って来たとき、この横須賀の火力発電所の煙突が見えてくると、いつも隆は、「ああ、戻って来たな」って思っていた。

朝、三崎港を出航したラッコは、その煙突の横に差し掛かっていた。

「お腹、空いてきたな」

隆は、煙突の上から出ている煙を見てつぶやいた。

「どうして、煙突の煙で、食欲がわくの?」

「なんだかマシュマロに見えてこないか」

隆と洋子は、船尾のデッキ上で話していた。

「あそこって、ヴェラシスだよね」

そんな二人に、麻美が話しかけた。

「そう。大きなマリーナだよ」

「横浜マリーナよりも大きなマリーナ?」

「ぜんぜん大きいよ。たぶん、横浜マリーナよりも、置いてある船の数も倍近くあるんじゃないかな」

横浜マリーナに置いてあるヨット、ボートは、最大でも50フィートぐらいの船しかないが、ヴェラシスには、それよりも遥かに大きな船も、かなりの数が置いてあった。

「前に、カレーを食べたところだよね」

ルリ子が、このマリーナに来て、お昼にカレーを食べたことを思い出して言った。

「お!さすが、食いしん坊。食べ物でおぼえているんだ」

隆が笑った。

「まあね、一度、食べた料理は、二度と忘れない」

ルリ子が、少し膨らんだ自分のお腹を揺らしてみせながら、おどけてみせた。

「ヴェラシスも、けっこう立派なマリーナだけど、私は、横浜マリーナのほうが雰囲気が好きだな」

洋子が言った。

「たしかに、横浜マリーナのほうが、脇にショッピングスクエアも付いているし、便利だよな」

「まあ、そういうのもあるかもしれないけど…。マリーナのスタッフが皆、親切で優しいし、なんとなく家族っぽいっていうか、アットホームだよ」

洋子が、横浜マリーナの感想を述べた。

「確かに、うちのマリーナはアットホームかもしれないけど、俺たちは普段ヴェラシスを利用していないから知らないだけで、もしかしたら、ヴェラシスだってアットホームなマリーナなのかもしれないよ」

「たしかに」

「そうかもしれないよね」

洋子は、隆に言われて納得した。

「そんなわけで、お昼はヴェラシスの前にある別のマリーナに入港してみようか」

隆が提案した。

「ヴェラシスじゃないんだ」

ヴェラシスの話を今、話していたというのに、ヴェラシスではなく別のマリーナに行ってみようという隆に、皆は思わず笑ってしまっていた。

浦賀のコーチヤ

その別のマリーナは、ヴェラシスのすぐ目の前にあった。

浦賀の入り口のところ、左側にヴェラシスは、あった。

そのヴェラシスの対岸、右側に、そのマリーナはあった。

コーチヤという名前のそのマリーナは、ヴェラシスほどには、大きくないが、立派な大型クレーンが完備されていた。

「クレーンの脇のポンツーンに左舷付けで停泊する」

隆は、洋子たちクルーにそう伝えて、ラッコのステアリングを回して、コーチヤのポンツーンに近づいた。

洋子たちクルーは、フェンダーともやいロープを用意して、着岸に備えていた。

コーチヤの海面には、その小さな短いポンツーンが、たった一個あるだけだった。

そのほかには、大型クレーンが一台あるだけだった。

「いらしゃいませ!」

コーチヤの職員が、ポンツーンに降りてきて、ラッコのことを出迎えてくれた。

「お昼を食べたいのですが…」

「お食事ですね。レストランは、クラブハウスの2階になります」

隆たちは、船を停め終わると、レストランまで職員に案内してもらった。

「けっこう広いマリーナなのね」

麻美は、ポンツーンを登って、陸に上陸すると、周りを見渡して言った。

横浜マリーナも、対岸のヴェラシスも、自分たちのマリーナ前面の海上と敷地内の陸上の両方に、ヨット、ボートを保管しているが、コーチヤの場合は、保管しているすべてのヨット、ボートは陸上の敷地内に保管してるようだった。

海に係留していないので、船を出航するときは、常に大型クレーンで上げ下ろししてもらうのだった。

陸上に保管されているヨットのマストが、海上からだと手前のほうの分しか見えていなかったため、麻美は、コーチヤは小さなマリーナだと思っていたのだ。

それが陸上に上がってみると、コーチヤの敷地は、かなり奥まで広がっていたのだった。

「フランス料理?」

レストランの店内に入ると、ルリ子は言った。

コーチヤのレストランは、クラブハウスの2階に1店舗のみがあるだけだったが、横浜マリーナや横浜ベイサイドマリーナのショッピングスクエアにあるレストランよりも、そのレストランのほうがよほど雰囲気があって高級そうだった。

「本当ね、フランス料理でも食べれるのかしら」

「なんだか高そう」

「こんな高級なお店、お金大丈夫・・」

麻美が少し不安そうに、隆の顔を覗きこんでいた。

レストランの店内に入ったルリ子が、店内のインテリアを見て、思わずフランス料理と思ってしまったのも、頷ける雰囲気だった。

どの家具の調度品も豪華で高級なものばかりなのだ。

「うちは、イタリアン料理なんですよ」

レストラン店内にいたオーナーシェフが、ルリ子に言った。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。