Skip to content

また、式根島へ

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第57回

斎藤智

次の日、ラッコは、三宅島を出航して、式根島を目指して走っていた。

隆としては、本当は今日一日ずっと三宅島に停泊して、ゆっくり島を観光して、もう一泊したかったのだが、休みの関係でそろそろ三宅島を離れて、横浜方面の島に戻らなければならなかった。

「式根島に戻ったら、この間、入港した港に入るの?」

洋子は、隆に聞いた。

隆は、違うと返事した。

今回は、式根島港ではなく、野伏港のほうに入港予定だった。

三宅島から式根島に向かうまでの間には、神津島という島がある。来るときは、その神津島の太平洋側を走ってきたが、帰りは、静岡県側を走っている。

太平洋側を走っていたときは、右にこそ、神津島や伊豆七島が見えてはいたが、左側は、太平洋の海が広がっていて、外海を走っているという感じだった。今回は、静岡側なので、左側に神津島など伊豆七島を見て、右側には静岡の伊豆半島が見えている、陸地に囲まれているので、外海という感じはしない。

「伊豆半島の港を、周ってみるのも楽しいと思うよ」

「そうだよね。南伊豆とか、いい温泉とかいっぱいあるって聞くものね」

隆と洋子は、静岡のほうを眺めながら話していた。

ラッコは、野伏港に近づいていた。

「隆さん、ステアリングを代わって」

ずっとステアリングを握って操船していた佳代が、隆にお願いした。

隆がフォアデッキから起きあがって、コクピットにやって来て、佳代とステアリングを代わった。

「入港するから、フェンダーを用意してくれる」

隆の合図で、ラッコのクルーたちは、フェンダー、船の船体を守る防舷材を、手に持って、ヨットの左右に行って、そこにぶら下げた。

後ろからついてきていたマリオネットのクルーたちも同じように、自分たちの乗っているヨットの左右にフェンダーをぶら下げていた。

同じ式根島の港なのに、式根島港に比べたら、野伏港は、ずいぶんと賑やかな港だった。大きな漁船や旅客船、東海汽船が停泊していた。

港からずっと丘の上のほうに向かって、建物がびっしりと建っていた。

式根島港は、自然が豊かな港という感じだったが、こちらは、民家がつながっていて、同じ式根島だというのに、趣きが全く違っていた。

伊豆の原宿

ラッコとマリオネットは、狭い野伏港内に停泊していた。

「ここは、本当に賑やかな島ね」

もう30代になる麻美は、港の前の道を、水着や短パンで歩いている若者たちの姿を、目を白黒させながら驚いていた。

今までの伊豆七島の島々は、どこも自然豊かで静かな島だったが、ここ、野伏港の周辺の町は、今までの島とは様子がまったく異なっていた。

港の前から海岸のほうに向かう道には、ずらっと若者向けのファッションショップが並んでいて、それらの店は、丘の上のほうまでずっと続いていた。

そのお店でのショッピングを楽しもうと、10代、20代の水着姿の若者たちが集団でわいわいと騒ぎながら、歩きまわっていた。港の向こうの海岸、ビーチも、若者たちで溢れかえっていた。

「まるで、東京の原宿が、町ごと引っ越してきてしまったみたい」

「なんか、この賑やかさには、ついていけない」

雪も、洋子も、島の様子をみて驚いていた。

「洋子ちゃんでもついていけないんだ」

「うん」

「ここは、ルリちゃんや佳代ちゃん世代の町かな」

麻美は、横にいる佳代の頭を撫でながら、言った。

「私も、原宿のお店は、一回行ったことあるけど、あまり好みでなくて、好きじゃなかったな」

ルリ子は、麻美に答えていた。

「じゃ、うちで言ったら、この町の雰囲気についていけそうなのは、佳代ちゃんぐらいかな」

麻美は、佳代のほうを見ながら、言っていた。

佳代は、麻美に、佳代ならば原宿の雰囲気に似合いそうって言ってもらえて、少し嬉しかった。 でも実は、高校生の頃、佳代は、友だちに、学校が早く終わった帰りに、原宿に行こうと誘われて、一緒に行ったことがあったが、そのとき、友だちは皆、お店を次々に周って、フリルが付いた可愛い服などを、試着したり、探したりしていたが、高校生の頃、地味だった佳代だけは、原宿の派手な服には、ついていけずに、一人寂しく過ごしていたことを思い出していた。

「後で、町のほうに行ってみようか」

麻美は、自分はそんな興味あったわけではないが、佳代が喜ぶかなと思って、佳代に声をかけた。

佳代は、高校生の頃に、友だちと原宿に行ったときのことを思い出して、自分もついていけないって断ろうかとも思ったが、優しい麻美と一緒だったら、あのときに友だちについていけなかった自分でも、麻美と一緒だったら楽しめるかなって思えてきていた。

結局、食材の買い出しもしなければならなかったので、ラッコの乗員皆で町に繰り出そうということになった。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top