土曜日のセイリング

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第218回

斎藤智

きょうは土曜日の朝だった。

「出かけるよ!」

麻美は、後から起きてきた隆に元気に声をかけた。

「まだ、朝ごはんも食べていないんだけど」

眠そうな目をこすりながら、隆は麻美に答えた。

「私、もう食べちゃった」

麻美は、ヨットに行くときの自分のバッグを持ちながら言った。

「早いな、元気あるな」

隆が、ふと食卓のテーブルの上を見ると、麻美の席のテーブルだけきれいになっていた。

もう本当に食べ終わってしまったようだった。

よく見ると、隆の席のテーブルも空だ。

「あれ、俺の朝ごはんもない」

「食べるの?食べるんだったら、作るけど」

麻美は、バッグを降ろしながら答えた。

「隆、起きるの遅かったから、途中どっかで食べるもの買っていこうかと思ってた」

「まあ、別にそれでも良いけど」

隆は言った。

「最近、マクドナルドの朝食食べていないから、食べたかったし」

「マクドナルドが食べたいんだ」

「いや、そういうわけじゃないけど」

隆と麻美がダイニングで話していた。

「隆さん、別にマクドナルドなんかの朝食食べる必要ないわよ。ああいうところのは、添加物たっぷりであまり体に良くないんだから」

麻美のお母さんが、二人の会話に割って入ってきた。

「麻美が、朝ごはん作らなくても、お母さんが隆さんの分の朝ごはんは作るから」

「うわ、嬉しいな!お母さんのお料理美味しいから」

隆は、お母さんに返事した。

「え、別に、お母さんが朝ごはん作らなくても、私が作るから大丈夫よ」

麻美は、持っていたバッグを床に置き、お母さんに対抗意識を燃やしていた。

「大丈夫よ。お母さんが作るから」

お母さんは、もう既に、キッチンでフライパンを片手に目玉焼きとベーコンを焼き始めていた。

「美味しそうなにおい」

隆は、自分の席に座りながら、鼻をヒクヒクさせていた。

「私、作るって」

麻美は、お母さんの横に行った。

「それじゃ、あんたは、そこのトーストを焼いて」

麻美は、お母さんの焼いているフライパンを引き継ぎたかったが、仕方なく食パンを手に取ると、オーブントースターで焼いていた。

「あと冷蔵庫からヨーグルトを出して、フルーツを入れてあげてちょうだい」

お母さんは、麻美に追加のレシピの指示を出していた。

自分は、焼き上がった目玉焼きをお皿に移すと、隆のところに出してから、目の前の自分の席に座り、隆の食べるところを眺めていた。

「きょうは日曜でなく、土曜なのにヨットに行くの?」

「ええ、毎年、横浜マリーナでは、障害者学校の子どもたちにヨットを体験させてあげているんです。それで会員は、そのお手伝いに参加するんです」

「へえ、それは偉いわね」

お母さんは、隆の話を嬉しそうに聞いている。

「お母さん、ずるい。一人だけ隆とおしゃべりしていて」

麻美が、出来上がったトーストとヨーグルトを持ってダイニングに入ってきた。

「良いんじゃない。あんたは、いつも会社で一緒なんだから」

お母さんは、麻美に言った。

「会社は仕事だからね」

麻美は、お母さんに言われて苦笑していた。

ボランティア

「あれ、今日は雪ちゃんいないの?」

朝、横浜マリーナに集まってきたラッコのメンバー皆の顔を確認して、ルリ子が言った。

「雪ちゃんはね、土曜日は会社なの」

麻美がルリ子に答えた。

「そうか、今日は日曜でなくて、土曜日だものね」

「雪ちゃんだったら、ヨットのためなら休日出勤はぜったい断りそうなのにね」

「土曜は、休日出勤じゃないのよ」

洋子に言われて、麻美が説明した。

「土日がお休みじゃなくて、日曜しかお休みじゃない会社って、まだ結構あるよね」

香織が言った。

「そうなんだ。私、なんか土日って、会社はお休みだとばかり思ってた」

香織に言われて、洋子が驚いた。

「さすが、洋子ちゃんはお嬢様だから。土曜っていえば、しっかりお休み意識なのね」

ルリ子が言うと、

「お嬢様じゃないよ」

洋子は、照れていた。

「雪ちゃんの会社も、毎週働いているってわけではないみたいよ。週によっては、お休みの土曜日もあるんですって」

麻美が言った。

「そうなんだ、隔週で土曜がお休みってあるよね」

「雪ちゃんの会社は、土曜休みって第一、第三土曜とかなの?」

「あ、私も、さすがにそこまでは知らない」

麻美は答えた。

「さあ、出航の準備をしようか」

隆が言って、皆はラッコの閉まってある艇庫の中に移動した。

「おはようございます」

途中、マリーナ敷地内の掃き掃除をしていた横浜マリーナの職員と出会った。

「今日は、ラッコさんも、子どもたちのヨット体験教室に参加してくださるんですか?」

「ええ、そのつもりです」

「それは、よろしくお願いします」

隆が答えると、横浜マリーナ職員は、嬉しそうに答えていた。

横浜マリーナでは毎年、地元貢献のために、横浜で学校運営している障害者学校の生徒さんたちを、横浜マリーナに招待して、会員さんたちのヨットに乗せて、子どもたちにヨット体験をさせてあげていた。

「今日は、出航する会員さんのヨットが少ないので、33フィートあるラッコさんのヨットには、たくさん生徒さん乗せてもらえれたら助かります」

「そうなんですか、かまいませんよ」

隆は、横浜マリーナ職員に答えると、職員と別れて艇庫に移動した。

「今日は、出るヨット少ないんだ」

「そういえば、いつも出ているヨットの乗員も、今日は来ていないヨット多いかもね」

ルリ子たちが話していた。

「ヨットの人たちも、やっぱり土曜日は仕事の人が多いのよ、きっと」

麻美が答えた。

「確かに。ヨットのオーナーさん、自営業とか自分で会社経営している人たちのほうが多いものね」

隆も、答えた。

「ボランティア、日曜にやれば良いのに。そしたら、もっと参加するヨットも多くなるんじゃないかしら」

「でも、子どもたちは学校の集まり、イベントだから、日曜じゃダメなんじゃないの。土曜なら、学校イベントで開催できるとか」

「そうか、そうかもね」

ラッコの皆は、ヨットの出航の準備を始めた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。


土曜日のセイリング
※こちらの特集記事をスマホでゆっくり読む