ヨットでコーヒー

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第106回

斎藤智

ラッコのキャビンから、朝のコーヒーの良い香りが港じゅうに漂っていた。

「なんか、お腹が空いてきたな」

雪、洋子と一緒に、ヨットの出航準備をしていた隆は、キャビンの中から匂ってくるコーヒーの香りを嗅ぎながら言った。

それと同時に、隆のお腹が、きゅーっと音をたてて鳴った。

「お腹、空いているんだ」

隆のお腹の音を聞いて、雪は、笑いながら答えた。

洋子も雪と一緒になって、隆のお腹の音を笑おうとしていた。

そのときに、洋子のお腹まで、きゅっと音をたてて鳴った。

「洋子ちゃんも、お腹空いた!?」

雪が、その音を聞いて、洋子に聞いた。

「洋子のお腹、大きな音だな」

「本当に、もう。私のお腹のほうが、隆さんのお腹よりもぜんぜん大きな音で鳴るんだもの。しかも、音が可愛くないし…」

洋子は、恥ずかしそうに、自分のお腹を抑えながら、うな垂れていた。

「出航してから、洋上で、朝ごはんを食べようかと思っていたけど、出航前に今、食べてしまおうか」

「私は、どちらでも良いけど、洋子ちゃんが今、食べたほうが、良いかも。洋子ちゃんのお腹、出航するまでもたないじゃない」

雪が笑いをこらえながら、隆に言った。

「今すぐ食べよう」

洋子は、雪の言ったことを否定せずに、賛成した。

セイルの準備が整い終わると、三人は、キャビンの中に入った。

「あら、もう準備できたの?早いわね」

フライパンで、オムレツを作っていた麻美が、キャビンに入って来た三人に言った。

「出航前に、今すぐ朝ごはんを食べてから、出航することになった」

隆は、麻美に報告した。

「あら、そうなの。それじゃ、早くオムレツ作ってしまわないと…」

どうせ出航し終わってから、朝ごはんだろうと思っていた麻美は、少し慌ててオムレツを作り始めた。

テーブルでは、ルリ子が、小さな手動のコーヒー豆ひきで引いたコーヒーを沸かしていた。

「いい匂いがしていたのは、ルリ子のコーヒーか」

隆は、ルリ子がコーヒーを入れているところを見ながら、言った。

雪が、キャビンにいたクルーたちに、隆と洋子のお腹の音の話をしたら、皆も笑っていた。

「洋子ちゃん、もっと可愛い音だったら、良かったのにね」

「そうなの。隆さんのお腹の音のほうが、私のお腹よりも可愛い音なんだもん、いやになちゃう」

洋子が言った。

「出来上がった料理から、先に食べていて」

エプロンして調理中の麻美は、皆に言った。

隆は、麻美のことは待たずに、先に座って、食べ始めた。

その次に出来上がったオムレツは、真っ先に洋子の目の前に置かれた。

皆が、お腹を空かした洋子に、気を使ってくれたらしい。

「いただきます」

洋子は、隆の隣りの席に腰かけて、オムレツを食べ始めた。

ルリ子が、カップに入れたコーヒーを皆に出した。

雪も腰かけて、ルリ子の作ったコーヒーを飲んだ。

「美味しい!」

「洋上で食べるごはんも良いけど、こうしてクルージングで目覚めた朝に、キャビンの中で食べる朝ごはんも最高だな」

隆は、満足そうにオムレツを食べていた。

ほかの皆も、自分のお皿のオムレツを食べながら、隆の言うとおりだと大きく頷いていた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。