たまの外食

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第84回

斎藤智

今日は、たまにはお昼を外で外食しようということになった。

その日の日曜日、ラッコのメンバーは、いつものように横浜マリーナに集合した。

「おはよう」

クラブハウスに集まったメンバーは、船の置いてある艇庫に行く前に、クラブハウスのソファに腰掛けておしゃべりをしていた。

「今週は時間が無くて、今日のお昼の用意できなかったの」

麻美が言った。

「あとで、ショッピングスクエアのスーパーが開いたら、一緒にお買い物に行きましょう」

麻美は、ルリ子に言った。

「今日のお昼さ、外で外食をしようか」

麻美の話しているのを聞いて、提案したのは隆だった。

「ほら、ルリ子も望月さんから合格点もらえたことだし、そのご褒美と言うことで」

「外食?セイリングして戻ってきたら、ショッピングスクエア内のレストランで食事するってこと?」

麻美は、隆に聞いた。

「まあ、それでもいいけど、ヨットでこの近くのレストランまで行って、そこの前に停めて、そこのレストランで食事しないか」

隆は、答えた。

「え、そんなヨットで行って停められるレストランがあるの?」

「海際にあるレストランで、船で来た人のために、船を停められるように、レストラン脇の岸壁にポンツーンを作ってくれているんだ」

隆が言うと

「おもしろそう!そんなレストランあるんだったら、行ってみたい」

佳代が言った。

ほかの皆も、隆の言うレストランに行ってみたくなっていた。

「それじゃ、出航する準備をして、出かけようか」

皆は、ラッコの置いてある艇庫に行って、出航するセイリングの準備を始めた。

タイクーン

横浜の新山下にタイクーンというレストランがある。

タイクーンは、たまにテレビの撮影隊がやって来て、ドラマのロケ地にも使われているので、けっこう有名だ。

レストランは、横浜港の海に面したところにある。

レストランの客席からは、横浜の港が一望できて、マリンタワーやベイブリッジも見える。

すぐ近くには、横浜に古くからあるヨットハーバーがあって、ボートやヨット、クルーザーの姿を眺めながら食事ができる。

まさに港、横浜に相応しいレストランだ。

「今日は、セイル上げないの?」

ルリ子が、隆に聞いた。

いつもならば、横浜マリーナを出航して、沖に出たところですぐにセイルを上げて、エンジンを止め、セイリングするのだが、今日は、もうずいぶん沖まで走って来ているのに、ステアリングを握っている隆は、一向にセイルを上げる気配がなかった。

「ああ、セイルか。上げたいか?」

「それは、ヨットだから、エンジンで走っているよりも、セイルで風で走りたいけど」

ルリ子は、隆に答えた。

「それはそうだよな。俺も、エンジンの音を聞いているよりも、風で走って、エンジンは切りたい」

隆は答えた。

「でも、今日はお昼にレストランに行くだろう。レストランは、横浜港内にあるから、港内は直に帆走禁止海域に入るから、食事して帰りにセイルは上げよう」

隆は、ルリ子たちクルーに説明した。

皆は、レストランがどこに在るか知らないので、船の行き先をウォッチしていた。

隆が操船している船は、ベイブリッジの内側に入ると、ベイブリッジのすぐ側の細長い狭い航路の中を突き進んで行った。

「細い、狭い道」

クルー皆は、初めて通る航路にわくわくしながらウォッチしていた。

「ほら、レストラン見えたよ」

その細い航路の突き当たりにラッコは到着した。

突き当たりには、バルコニー、ウッドデッキの付いたおしゃれなレストランがあった。

ウッドデッキには、テーブルや椅子が並べられていて、テーブルの上には赤、白のカラフルなビーチパラソルが立っていた。ウッドデッキでも、食事ができるみたいだった。

「ここって、もしかしてタイクーンじゃない?」

「タイクーンって、ライブとかやっているところだよね。こんなおしゃれだったっけ?」

「陸から来ると、まるで汚い倉庫みたいなところだけど、海から来ると、すごくおしゃれな外観のレストランに見えるね」

そのタイクーンのウッドデッキ前には、船が停められる停泊スペースがあった。

既に3艇ほどのパワーボートが停まっていた。

2艇目と3艇目の間にスペースが空いていた。そこにラッコは、進入して停泊した。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。