レース練習

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第180回

斎藤智

隆と雪は、暁からヨットに戻ってきた。

戻って来てキャビンの中に入ると、朝食の良い匂いがしていた。

「おはよう。どこに行っていたの?」

麻美が二人に聞いた。

ほかの皆も、もう起きていて、サロンのテーブルで朝食の準備をしていた。

焼きたてのトーストと一緒に、スクランブルエッグやベーコンなどが置かれていた。

「暁でコーヒーをご馳走になっていたの。キャビンの中とか何もないんだけど、艤装が工夫されていてセイリングしたら、面白そうなヨットだったよ」

雪は、暁に乗ってきたことを話していた。

「雪ちゃん、熱海以来、ヨットレースに凝っているね」

麻美は、朝のコーヒーをポットからカップに注ぎながら言った。

「おはよう」

皆が朝食を食べていると、マリオネットの中野さんがやって来た。

「おはようございます」

麻美は、中野さんの分のコーヒーを淹れながら言った。

「今日、うちの船はクルーが私ともう一人の二人だけなんだ」

中野さんは、麻美の淹れたコーヒーを飲みながら話した。

「二人だけって、美幸ちゃん?」

「ああ、美幸君は、ここにいたんだ」

中野さんは、麻美に言われて、ラッコのキャビンにいた美幸のことに気付いた。

「美幸君がいるならば、今日はクルー三人」

中野さんは、クルーの人数を訂正した。

「三人だけなら、うちのマリオネットは出さないで、ラッコに乗せてもらおうかな」

中野さんは隆に言った。

「良いんじゃない。皆で一台に乗って出航しましょうよ」

そう答えたのは、麻美だった。

「ねえ、そしたら隆さんと私は、暁に乗りに行かない?」

雪は、隆に提案した。

「いいよ。望月さんに聞いてみようか」

隆は答えた。

「ねえ、佳代ちゃん。私と一緒に暁さんに乗せてもらわない?」

麻美は、隣の席の佳代に言った。佳代は、麻美に頷いた。

「それじゃ、隆はこのヨットのオーナーなんだからラッコに乗っていってよ」

麻美は、隆に言った。

「私と雪ちゃん、佳代ちゃんの三人で暁に乗せてもらうから」

「いいけど」

隆が返事したので、麻美と雪、佳代の三人が暁に乗ることになった。

「雪と佳代は大丈夫だろうけど、麻美はレース艇に乗ったら、足手まといだから、邪魔にならないように端っこのほうで静かにしているんだぞ」

隆は、麻美につけ加えた。

「はいはい。ちゃんと静かにしていますよ」

麻美は、苦笑していた。

三人が朝食の後、暁に乗せてくれと頼みに行くと、

「ぜひぜひ、どうぞ」

と望月さんに歓迎してもらえた。

暁が横浜マリーナの艇庫から出されて、クレーンで海上に下ろされると、麻美たちは、ほかの暁のクルーたちと一緒に、ヨットに乗り込んで出航していった。

「バイバイ!」

麻美は、デッキ上から横浜マリーナのポンツーンに立っている隆たちに向かって、元気に手を振っていた。

「ほかの皆は、出港で緊張して乗っているのに、能天気に手を振っているのは、あいつだけなんだけど」

隆は、手を振っている麻美のことを陸上から眺めながらつぶやいた。

レース艇

隆たちも、横浜マリーナのスタッフにヨットを下ろしてもらうと出港した。

エンジンは、レース艇の暁のエンジンよりも、モーターセーラーのラッコのエンジンのほうが大きく馬力も強いので、ラッコが出港すると、先に出港した暁に港の入り口のところですぐに追いついた。

「セイルアップ!」

横浜マリーナのある港、湾内を出ると暁は、セイルを上げた。

「早っ!」

暁のセイルが上がるところを見ていたラッコの乗組員は皆、口々に言った。

ラッコで、セイルアップ!をすると、

「ちゃんとワンポイントリーフは緩めたか?」

「そっちのロープを引っ張るのよ」

「ウインチに2回は巻いてあがらないと、うまく上がらない」

などと、デッキ上でもたもたのんびりしながら、ようやくセイルがマストを伝いながら、のろのろと上がっていくのだ。

それが今、暁ではどうだろう。

セイルアップ!

の望月さんのかけ声と同時に、クルーがてきぱきとデッキ上を動いて、あれよあれよといつの間にか暁のセイルは、マストのトップまで上がってしまい、風を受けて走っていた。

「うわ、もう上がったな!」

隆たちが、あっという間に上がってしまったメインセイルに感動していると、その間にいつの間にかジブセイルも上がっていて、ラッコのはるか前方まで行ってしまっている。

「もう、あんなところまで行ってしまっている」

「それじゃ、うちらもセイルを上げようか」

隆の声で、ラッコの面々もセイルを上げ始めた。

いつものように、のろのろのんびりとメインセイルが上がっていく。

きっちりメインセイルが上がり切った後で、さらにジブセイルがのろのろと展開された。

「ジブセイルの展開は、ジブファーラーだから、暁よりもうちの船の方が早く上がったよな」

隆がルリ子に言った。

「そうでもなかったかもよ」

ルリ子は、隆の言った言葉に頷いていたが、洋子は否定した。

「ジブファーラーのロープを引くだけのはずの私たちよりも、暁さんのほうがぜんぜん早くジブセイルも上がっていたよ」

「そうかもね。なんでだろうな?」

隆は、洋子に言った。

「そりゃ、向こうはいつも練習しているからじゃないか」

中野さんが答えた。

「そうですよね。うちらと言ったら、毎週だらだらとヨットを出して、数時間走ったら、すぐにエンジンをかけて港に入って、そこでお昼を食べて、お酒を飲んで、食後はお腹いっぱいで体が動かずに、だらだらと横浜マリーナに機帆走で戻って来るんですものね」

隆は苦笑した。

「なかなか動きが良いじゃないですか」

雪は、望月さんに褒められた。

長身で肩幅の広い雪は、暁の屈強な男性クルーたちにもひけを取らずに、しっかりとウインチを回したりして、セイリングのトリムを手伝っていた。

女性としては、けっこう屈強なほうの雪が、ちゃんと活躍できているのはともかく、背が低く小さな佳代でさえ、屈強な暁の男性クルーの中に混じって、しっかりフォアデッキまで走り回ってセイルを整えていた。

「ラッコさんのクルーは、美しい女性ばかりだけれども皆、優秀だね」

二人のヨットの上での動きを、望月さんは麻美に褒めていた。

「そうですよ。うちの子たちは皆、優秀ですから」

自分ではヨットの上であまり動けない麻美だったが、望月さんに褒められて、まるで自分のことをほめられたように、麻美は嬉しそうにしていた。

「ただ、私がぜんぜん動けなくて・・」

麻美が望月さんに言った。

「麻美さんは別にクルーではないから」

「え、私ってクルーじゃないんですか?」

「だって、ほら、オーナー夫人でしょう」

望月さんは、麻美に言った。

「オーナー夫人、私まだ結婚してないけど」

「あ、そうか。これは失礼!まあ、でも、オーナー夫人みたいなものだよね」

望月さんは、麻美に笑顔で話していた。

横浜マリーナのすぐ側の海域には、貨物船が走るときの目安のために、ブイがいくつか浮かんでいた。

暁は、そのブイとブイの間をレースコースに見立てて、その間をぐるぐると回りながら、レースの練習をしていた。

スピードは、暁に比べると遥かに遅いが、ラッコも暁の走ったコースの後ろをついて、同じようにブイを回っていた。

「同じように回っているつもりなのに、暁さんに比べると、うちらはセイルがバタバタしながら回って、回り方があんまりかっこ良くないね」

洋子が言った。

隆も、洋子と同じように思っていたので苦笑していた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。