大島へ

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第59回

斎藤智

「おはよう!」

隆は、朝、デッキ上で歯を磨いていると、雪が起きてきたので声をかけた。

家にいるときは、家のバスルームの洗面台の前で歯を磨いているが、クルージングに出ると、歯を磨くのは、いつも船の後部デッキに出て、そこでコップと歯磨きセットを持って磨いている。

口をゆすぐのは、コップの水でゆすいで、ゆすぎ終わった水は、そのままデッキから身を乗り出して、海の中にぺっと出している。隆は、この解放感ある歯磨きが好きだった。

「なんかいい。私も自分の歯ブラシ持ってきて、ここで磨こうかな」

「うん、そうしなよ。気持ちいいぞ」

雪は、歯ブラシを取りに、いったん船内のキャビンに戻っていった。

「おはようございます」

雪と入れ替わりに、隣りに停泊しているマリオネットのキャビンから、クルーの坂井さんが出てきた。

Tシャツに短パン姿だ。

短パンから出ている足は、日に焼けて見事にまっ黒になっていた。

会社でエンジニアをしている彼は、いつも冷房のきいた部屋で、ずっとパソコンの前で仕事している。

横浜マリーナを出航したときは、オーナーの中野さんに、女の子の足みたいと笑われていたぐらい、白い足をしていたというのに、クルージングに出たこの数日間で、見事にまっ黒に変わっていた。

「すごい、寝ぐせついていますよ」

坂井さんの後ろから続いて出てきた奥さんの頭を見て、隆は言った。ショートの奥さんの髪が、寝ぐせで見事に上に跳ね上がっていたのだ。

「あら、そお」

坂井さんの奥さんは、隆に言われて、あわてて自分の髪を手で撫でていた。

「ただいま」

歯ブラシを取りにキャビンに戻っていた雪が、手に歯ブラシを持って、戻ってきた。雪の後ろから、ルリ子や佳代も出てきた。二人とも、やはり手に歯ブラシを持っていた。

「私たちも、外で歯磨きをしようと思って…」

三人は、後部デッキに並んで、歯を磨き始めた。

「今日は、どこに行くの?」

ルリ子は、振り返って、口に歯ブラシを入れたまま、隆に聞いた。

「今日は大島。大島の波浮港に船を入れて一泊して、そこから横浜に帰ろう」

「はーい」

ルリ子は答えた。

「もう帰るんだね。早いな。もっとクルージングしていたいな」

「私も。このまま一年間ぐらい、ずっと海を走っていたいかも」

ルリ子も、佳代も、もうすっかり海の女になっていた。

「俺も、一年間ぐらいクルージングしていたいな」

根っからの海の男の隆も言った。

快適セイリング

今日も快晴の中、ラッコはセイルを上げて快調に走っていた。

「で、隆はどうなのよ?」

麻美が、船尾のベンチに腰掛けている隆に聞いた。

「え、それは仕事が無ければ、俺も、このままずっと南の島にでも行って、クルージングしていたいよ」

隆も、ルリ子や佳代と同じく、ずっとヨットでクルージングしたい派だった。

「私は、今回のクルージングは、一週間ぐらいで横浜に戻って、また仕事して普段の生活に戻って、ヨットは、次のまとまった休みが来たら出かけるのでいいかな」

麻美が言った。

「現実的だな、麻美は」

「大島って、ほかの島よりも大きいからわかりやすいね」

ステアリングを握っている洋子が言った。

大島は、ほかの伊豆七島に比べて、はるかにサイズが大きいから、目標物としても操船しやすかった。

「島のてっぺんには、三原山という三角の山があるだろう。あれのおかげで余計に目標にしやすいだろう」

「三原山って、以前に噴火した山だよね」

「ああ、大島に到着して時間があったら、登ってみようか」

洋子と隆は、話している。

「あっちの小さな島はなに?」

佳代が、目の前の大島ではなく、左舷に見えている小さな島を指さして聞いた。

「あれは、利島だよ」

「利島?」

「島は、小さいんだけど、あの島も、自然が豊かで良い島だよ」

隆は、答えた。

「行ってみたいな」

「あの島には、入港しないの?」

「利島は、ヨットで行ってみたいけど、ヨットは入港できないんだよ。だから、利島に行くとしたら、東海汽船に乗って行くしかないんだ」

「なんだ。つまらない」

ルリ子が言った。

「今回は無理だけど、こんど大島クルージングするときは、大島にヨットを置いておいて、東海汽船で利島に渡ってみようか」

「それも、楽しそうだね」

ラッコのメンバーたちは、船上で笑顔になっていた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。