迷子の麻美

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第143回

斎藤智

ラッコは、午前中だけセイリングに出て、早々に横浜マリーナに戻ってきていた。

その日の風は、まったく吹いていない無風状態だったのだ。

せっかくメインセイルを上げて、ジブセイルも広げて、エンジンまで止めたというのに、風がまったく無く、波まで穏やかなのでセイリングがぜんぜん出来なかったのだ。

朝、日曜日のセイリングをするために、横浜マリーナを出航したのに、風がまったく吹いていないために、セイルを上げても、ヨットがちっとも走らなかったのだ。

「戻って、マリーナでお昼を食べてぶらぶらしようか」

隆が言うと、皆も賛成して、セイルを下ろすと横浜マリーナに戻ってきたのだった。

横浜マリーナには、陸上保管の船でも、一時的に停泊しておけるビジター用のポンツーンがある。

そのビジター用のポンツーンに、隆は、ラッコを停泊させた。

「今日は、ここでお昼にしよう」

皆は、キャビンの中に入ると、ギャレーでお昼ごはんを作り始めた。

今日のお昼は、釜めしとシーフード鍋にするつもりだった。

「あら、なんかお米がパサパサになちゃった」

麻美が、お米が炊けた鍋の中を覗き込んで言った。

ヨットでは、お米を炊くときは、炊飯器ではなくて、お鍋で炊く。

はじめ、ちょろちょろ、中、ぱっぱと言って、お鍋にお米と水を入れて、ガスレンジのガスでお米を炊くのだ。

麻美は、お米の炊き方を間違えてしまったようだ。

「どうしようか」

「チャーハンにしたら?」

ルリ子の案で、パサパサに出来上がってしまったお米を、シーフードと混ぜてチャーハンにすることにした。

チャーハンは、ルリ子の得意料理だ。

「それじゃ、チャーハンはルリ子にお任せするね」

麻美は、お米の入った鍋をルリ子に手渡した。

ルリ子は、お米とシーフードを中華鍋で焼いているうちに、

「ね、なんかパエリアにしたら美味しそうじゃない」

「そうね」

最初は、チャーハンにする予定だったのに、いつの間にかパエリアが出来上がっていた。

「あ、美味そう」

デッキで、セイルの片づけをしていた隆と雪、洋子が、キャビンに入って来て、テーブルの上に出来上がっているパエリアを見て言った。

「美味しいな!」

隆は、パエリアを食べながら、麻美に言った。

「本当は、チャーハンにするつもりだったのよ」

麻美は、チャーハンになるはずだったパエリアを美味しそうに、食べている隆の姿に苦笑しながら言った。

「しかも、チャーハンになる前は、釜めしになるはずだったんだよね」

ルリ子が笑いながら言った。

「ね、私が炊き方間違えてしまったからね」

麻美も苦笑した。

食後、皆は、日曜の午後を、ポンツーンで揺れているヨットの上で、思い思いに過ごしていた。

「あれ、麻美は?」

オーナーズルームのベッドで、少し昼寝をして起きてきた隆は、皆の中に麻美と佳代の姿がないのに気づいて聞いた。

「わからない」

ギャレー前のダイニングでおしゃべりしていた洋子が答えた。

「佳代ちゃん、麻美ちゃんってどこにいるか知らない?」

外からキャビンに戻って来た佳代に、ルリ子は聞いた。

「麻美ちゃん、ヨット教室で先生をしている」

佳代が答えた。

「先生?」

「なんか今日のヨット教室は、午後からロープワークの実習で、生徒にロープの結び方を教えるんですって。それで、メインの先生以外にも、サポートで手の空いている人は、生徒たちにロープの結び方を教えてあげて欲しいってマリーナの人に頼まれたの」

佳代が答えた。

「麻美にロープの結び方なんか教えられるのかよ」

それを聞いて、隆はつぶやいた。

「隆さんも教えるの手伝いに行ってあげたら?」

「いや、面倒くさいから、俺はいい」

隆は、ギャレーの冷蔵庫からお茶のボトルを出して、コップに注いで飲みながら、答えた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。