麻美の大活躍

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第181回

斎藤智

レース練習を終えて、暁とラッコは横浜マリーナに戻って来た。

といっても、暁はレース練習をちゃんとしていたかもしれないが、ラッコのほうは、暁のお尻を追っかけて走っていただけだった。

最初こそ、ちゃんとセーリングで追っかけてはいたが、途中からはなかなか追いつけず、最後は機帆走で追いかけて、暁のセーリング写真を撮っていただけだった。

ラッコが横浜マリーナのゲスト用ポンツーンに停泊してから、その横に暁が停泊した。

「どうだった?」

暁から戻って来た雪に、隆は聞いた。

「おもしろかったよ!ほんのちょっとした操作で、ヨットが本当に早く走るの」

雪は、よっぽどレース艇のセイリングが楽しかったらしく興奮していた。

「佳代は?」

一緒に戻って来た佳代は、隆に聞かれて、楽しかったと頷いた。

「佳代ちゃんも、レース練習頑張っていたよね。望月さんにすごく褒められていたもの」

麻美が佳代の頭を撫でながら、隆に報告した。

「それで一番心配の麻美は?」

隆がちょっと意地悪そうに微笑みながら、今度は麻美に聞いた。

「え、私?私も大丈夫だったよ」

麻美は答えた。何が大丈夫なのかまでは伝えなかった。

「何も練習には手伝っていないけど、ちゃんと望月さんの後ろのところに座って静かにしていたから、お邪魔にもならなかったし」

麻美は、いつものラッコのギャレーに行くと、かけてあったエプロンをしながら言った。

「そうか。麻美が邪魔しなかったか。それを聞いて、一番ほっとした」

隆が意地悪そうに言ったので、麻美は、隆の頭をげんこつで軽くコツンと叩いた。

「ね、隆。麻美ちゃんは別にヨットは出来なくても良いんだよ」

雪が隆に言った。

「え、なんで?」

「オーナー夫人だから!」

佳代が大きな声で隆に返事した。

「オーナー夫人?」

「麻美ちゃんはラッコのクルーじゃないの。オーナー夫人なの!」

佳代が言ったが、隆はその意味がよくわからないでいた。

「望月さんにそう言われたの」

雪が説明した。

「へえ、そうなんだ。もしかしたら俺がクルーで、麻美がオーナーなのかもな」

「いや、そうじゃないでしょう」

麻美のことについては鈍い隆に、じれったそうに雪が答えた。

「今日のお昼ってパスタでしょう?お湯はもう沸かしておいたの」

洋子が麻美に言った。

ギャレーのガスレンジの上には、大きなパスタ鍋が湯気を上げていた。

「ありがとう。そう、パスタのつもりだったの」

麻美は、パスタの具に使うシーフードを冷蔵庫から出しながら答えた。

「雪ちゃん、望月さんたちに、こちらにどうぞって誘ってきてくれない?午前中、ヨットに乗せてもらちゃったから、今日のお昼はご馳走しますって」

麻美は、フライパンに火をいれながら、雪にお願いした。

雪が暁に行って、暁のクルーの人たちを呼んできた。

暁の人たちは、ラッコのキャビンに入って来ると、パイロットハウスにあるサロンのソファに腰かけた。

「ラッコに、こんなに男性がいっぱい乗るのって初めてじゃないか」

隆は言った。

暁のクルーは皆、屈強な若い男性ばかりだ。

「そうかもね」

「ルリ子、嬉しいだろう?こんなに素敵な若いイケメンばかりいっぱい集まって」

「そうね…」

ルリ子は、隆に冗談まじりに言われて、ちょっと恥ずかしそうにしながらも、嬉しそうにしていた。

「はい。じゃあ、ルリちゃん。このおつまみを暁のイケメンクルーさんたちにお出ししてきて」

麻美は、出来たばかりのお酒のおつまみをルリ子に渡した。

「もう、麻美ちゃんまで。私がまるで男性に飢えているみたいじゃない」

ルリ子は、麻美からおつまみの皿を受け取りながら、苦笑した。

ルリ子が、パイロットハウスにいる皆におつまみを出した。

隆は、パイロットハウスの棚に入っていたブランデーのボトルを出すと、暁の皆のグラスに注いだ。

「美味しいね。このおつまみ!」

「麻美さんの自作?」

望月さんが麻美に聞いた。

「ええ、ちゃちゃって作っただけなんですけど…」

麻美が答えた。

「でも、美味いっす」

「麻美さんは、お料理上手なんだね。こんなに料理上手なら、隆君は幸せだね」

暁のクルーが皆、口々に麻美の料理をほめてくれるので、麻美は少し照れていた。

そんな麻美よりも、なぜか隆の方が頬を赤らめていた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。