レース中のお昼ごはん

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第174回

斎藤智

スピンネーカーを下ろすとジブを上げてから、目の前の最後のブイを回った。 このブイを回り終えると、後はまっすぐゴールを目指すだけだ。

「あとはゴールするだけだな」

隆は、雪に言った。

後は、まっすぐゴールするだけとはいっても、風向きがあるので文字通り直進では帰れない。

ヨットは風に向かって真っ直ぐには走れないのだ。斜めに、斜めにジグザグと何度かタックを繰り返しながら、ゴールを目指すことになる。

「もう残りのコースは、スピン無しでジブだけで走れるから楽だな」

隆が言ったのを聞いて、お腹が空いてきていた洋子はお腹の音を鳴らした。

「お腹が空いてきたな」

洋子のお腹の音を聞いて、隆は笑った。

「今まで緊張していたから、緊張が解けたら急にお腹が空いた」

それまで緊張してセイルトリムしていた洋子は、笑顔になって答えた。

ラッコの艇上は、レースのピリピリしていた雰囲気から、やっといつもの陽気な雰囲気に戻って来た。

「お昼にしようか」

の声で、麻美はキャビンに入ると、お弁当の入ったバスケットを持って出てきた。

バスケットの中から出てきたおにぎりを、皆は口に頬張っていた。

洋子は、大好きな麻美が焼いた卵焼きもしっかり食べていた。

食事中も、レース中なので、隆はステアリングを握ったまま食べている。

横にいた洋子が、おにぎりやおかずを取って食べさせていた。

「もう一個、おにぎり食べようかな」

食事が終わって、バスケットを片付けていた麻美に、隆は言った。

麻美は、チラッと隆のほうを見ると、

「おにぎり上げようかな…どうしようかな?さっきレース中に、隆に私、なんか怒られたものな」

ちょっと笑顔でつぶやいてみせた。

「え」

隆は、絶句していた。

「へへ、麻美ちゃんの逆襲」

ルリ子が笑った。

麻美は、隆がさっきはごめんね、とか言ってくれるかなと思っていたのだが、隆は罰の悪そうな顔をしているだけだった。

「はい、おにぎり」

そんな隆の目の前に、麻美はバスケットから出したおにぎりを手渡した。

「ありがとう」

隆は、麻美からもらったおにぎりを頬張った。そして小さな声で、麻美に、ごめんねと謝ったのだった。

「おにぎりだけじゃ足りないでしょう。あとで横浜マリーナに戻ったら、どこかレストランに改めてお昼を食べに行こうね」

そんな隆の様子を見ながら、麻美は声をかけた。

「暁、一番!」

前方を見ていた雪は、暁がどのヨットよりも先にゴールするのを見て叫んだ。

「さすが、暁さんだね」

暁がゴールしてから、5分ぐらいして、2位以下のほかのヨットも次々とゴールしていた。

暁がゴールしてから30分ぐらい経ってから、ラッコもようやくゴールした。

「マリオネットには勝てたね」

洋子が後ろを振り返って、マリオネットがまだ走っているのを確認して言った。

「マリオネットに負けたら、俺もうショックでヨットに乗りに来ないよ」

隆は、洋子に言った。雪も隆に頷いていた。

ラッコは、そのまま横浜マリーナに戻ると、横浜マリーナスタッフに大型クレーンで陸上に上げてもらった。

「お疲れ!」

隆は、ヨットを降りると皆に言った。

「今日は、本当に疲れたわね」

麻美が隆に言った。

「麻美、別に何もやっていないじゃん」

隆が答えた。

「もう…。まだ、そういうこと言う?」

麻美は隆のことを睨んだ。

「これ、レース中に怒ったお返しね」

そういって麻美は、隆のことを軽くげんこつでコツンとしてみせた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。