JR四国119億円、鉄道収入が最低 20年度半減見通し

 JR四国の西牧世博社長は26日の定例記者会見で、2020年度の鉄道運輸収入が、1987年の会社発足以来最も少ない119億円前後になるとの見通しを示した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で前年度の224億円からほぼ半減した。
(ビジネスニュース)