帰還

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第63回

斎藤智

最後の日

その日の朝の出航は、早かった。

夕方までには、横浜マリーナに帰還したかったので、到着予定時刻から逆算すると、どうしても、朝早く、早朝に出航しなければならなかった。

「おはよう」

昨夜は、クルージング最後の夜ということで、遅くまで起きていたので、まだ皆、眠そうだった。

クルージング中、いつも早起きして、皆の朝ごはんを作っていた麻美でさえも、大きな欠伸をしながら、眠そうな顔で、朝食を作っていた。

「遅くなるから、出航しよう!」

隆は、朝ごはんを作っている麻美と佳代、ルリ子を船内に残して、洋子や雪とデッキ上に出ると、アンカーを上げて、船を出航させた。

マリオネットも、ラッコの後について、波浮港を出港してきた。

「朝ごはん、できたよ」

船内から顔を出した麻美が、デッキにいる皆に言った。

「ちょっと待ってよ。これからセイルを上げるところだから」

隆は、麻美に答えた。

洋子と雪は、マストの根元に立って、ちょうどメインセイルとミズンセイルを上げるところだった。

「佳代ちゃん、手伝ってあげて」

佳代は、麻美に言われて、船内からデッキに出ると、雪や洋子の横に行って、セイルを上げる手伝いをする。

ルリ子も、外に出てきて、一緒にセイルを上げる。

エプロンをして、食事を手に持っている麻美だけは、そのまま、船内に残って、パイロットハウス内のテーブルの上に、皆の食事を並べていた。

「セイル上げ終わったよ」

皆が、朝ごはんを食べるために、船内に戻って来た。

舵を取っていた隆も、皆と一緒に船内に入ってきた。

食事中は、表のコクピットにあるステアリングではなく、船内のパイロットハウス内に付いているステアリングで、舵を取ろうというのだ。

「はい。皆、席について朝ごはんよ」

麻美は、エプロンを外しながら、皆に言った。

「麻美さん、皆のお母さんみたい」

麻美に言われて、席に着きながら、ルリ子が嬉しそうに言った。

「麻美さんがお母さんだったら、隆さんはお父さんだね」

雪が言った。

「私たちは?子ども?」

「だね!」

ルリ子は、嬉しそうに答えていた。

「一番上の長女は雪さん」

「末っ子は佳代ちゃんだね」

麻美が、佳代の横の席に腰掛けながら答えた。

「いただきます!」

ラッコの朝ごはんが、始まった。

筆島

「あれ、なあに?」

窓から外を眺めていた洋子が、大島の脇にある小島を指さして言った。

「筆島だよ」

それは、島というよりも海から突き出した岩だった。

その岩は、海から細長く突き出していて、先がとんがっているため、まるで習字の筆のような形をしていた。

ただの岩の塊なので、人が住めるような島ではなかったが、ちゃんと「筆島」という名前が付けられていた。

筆島は、波浮港を出港して、東京湾を目指すヨットマンにとっては、格好の目印になっていた。

筆島が離れていくと同時に、大島も、だんだんと小さくなっていた。

「大島が離れていくね」

ずっと、大島の真横を走り続けていたのに、その大島を越えて、いつの間にか、横から後ろに島を見るようになっていた。

それに代わって、ずっと前方に、かすみがかって見えていた関東の陸地が、どんどんと大きくはっきり見えてくるようになっていた。

楽しかったクルージングも終わりで、いよいよ伊豆七島ともお別れだ。ラッコの乗員たちは、少しセンチメンタルに島を振り返っていた。

「さよなら、大島」

隆が、洋子と少し寂しそうに、後ろに見えている大島に手を振ってみせた。

「さよなら、大島。来月にまた来るからね」

「もう、来月に戻って来ること考えているんだ」

ルリ子が言うと、皆は、ルリ子の言葉に思わず笑ってしまった。

今まで、ベタッとして凪ぎいていた海が、少し波立ち、風が吹いてきた。ラッコのセイルにも、強い風が当たり、船は、少しスピードアップして走り出していた。

「お、吹いてきた!」

「このまま、横浜まで風が吹いてくれていれば、早くに横浜に戻れるかもね」

風が当たるので、今までTシャツに短パンだった皆は、カーディガンを着たり、パンツを着たりしていた。

少しドレスアップしていた。

のだろうか。どうしても、クルージングが長くなると、誰にも会わないし、毎日Tシャツ、短パンで、女性は化粧っ気も少なくなって、だらしなくなってきてしまう。

城ヶ島

三浦半島の先、城ヶ島の近くまでやって来た。

ここら辺まで来ると、周りにほかのヨットの姿も増えてくる。

特に知り合いのヨットというわけではないが、すれ違うときには思わず手を振ってしまう。こちらが気づかないときでも、向こうから手を振ってくれて、あわてて手を振り返していた。

「駅や街中ですれ違っても、誰も手なんて振らないのに、ヨットだと皆、手を振ってくれるね」

「山で、登山をしているときも、歩いてすれ違うときに皆、挨拶してくれるじゃない。それと同じじゃないのかな」

浦賀

ヨットは、東京湾の中に戻って来て、浦賀の辺りを走っていた。

浦賀には、大きなマリーナがあって、そこのマリーナのヨットたちがブイを打って、レースをしていた。

「じゃまにならないように、脇によけて走ってあげよう」

ラッコとマリオネットは、ヨットレースのじゃまにならないように、ヨットを避けながら通り過ぎた。

「あの白いのが、一番を走っているのかな」

「あっちの青いのが、けっこう上手に風をつかんで走っているよ」

普段、ヨットレースなどまったくやらないラッコのメンバーだったが、ヨットレースの脇を通り過ぎるときは、レース艇の観戦しながら、レース評を勝手にしていた。

観音崎

浦賀の先にある観音崎を越えると、もうそこは、普段の日曜日にも、ラッコが毎週走っている海面だ。ここまで戻って来ると、ああ、横浜に戻って来たなって感じだった。

「あと、もう少し。頑張ろう」

それから、しばらく走っていくと、

横浜・横浜マリーナ

なつかしい横浜マリーナの三角のクラブハウスの屋根が見えてきた。

「ただいま!戻って来たね」

ラッコとマリオネットは、一週間ぶりに横浜マリーナに戻って来た。

横浜マリーナのスタッフが、笑顔で皆のことを出迎えてくれた。

大きなクレーンが降りてきて、ラッコの船体をすくい上げて、陸上に持ち上げた。そして、そのままラッコは、自艇の艇庫内に収まった。

続いて、マリオネットの船体も、自分の艇庫の中に収まった。

長く楽しかった夏のクルージングも終わった。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。