釣り大会

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第100回

斎藤智

麻美は、キャビンの中から釣り道具を持って出てきた。

「ルリちゃん、釣りしない?」

麻美は、釣り道具を見せながら、ルリ子を誘った。

「なに、めずらしいじゃない。麻美が釣りをするなんて。いつも、俺が魚釣りしていると、お魚さんが可哀そうとかって言っているのに…」

隆が言った。

「いったい、いつの話をしているのよ。ずいぶん昔の小さい頃の話じゃない、それは」

麻美は、恥ずかしそうに答えた。

「ええ、隆さんと麻美ちゃんって幼馴染みなんだ」

「そう。かなりの幼馴染み」

麻美は、ルリ子に答えた。

「腐れ縁ってやつだな」

隆は、麻美の持ってきた釣り道具を見ながらつぶやいた。

「なんかね、今回のクルージングは、釣り大会があるんですって。向こうの到着するまでの間に、釣りをして、釣れた魚を、夜のパーティーのときに見せると、一番多く釣ったヨットには、賞品がもらえるらしいよ」

「へえ、今年は、そんなイベントがあるんだ」

隆が、ルリ子より先に、麻美が持ってきた釣り道具を受け取ろうとした。

「隆は、こっちの釣り道具でいいでしょう」

麻美は、隆が取ろうとしていた一番りっぱな釣り道具は、隆には渡さずに、ルリ子に渡した。

「隆は、釣りが下手でしょう。どうせ釣れないから、こっちの道具でいいでしょう」

隆は、麻美から小さい釣竿を手渡された。

ルリ子は、麻美から受け取ったトローリング用の一番釣れそうな釣り道具をセットして、釣りを始めていた。

雪もやって来て、余っている釣竿を受け取って、釣りを始めた。

「この餌を、こんな感じで付けるんだよ」

隆が、自分の分の疑似餌をつけながら、雪にも教えていた。

「もっと、魚が寄ってきやすそうに、ゆっくりとこんな風に揺らすんだよ」

隆が、雪に釣り方を実演してみせた。

「雪ちゃん、隆に教えてもらうよりも、ルリちゃんに教えてもらったほうが良いかもよ。隆って、プロっぽい感じで釣っているように見えるだけで、ほとんど釣れたことないから」

麻美は、佳代と一緒に、釣竿で釣りながら、雪に言った。

「そうか。じゃ、ルリちゃんに教えてもらおうかな」

雪が、麻美と話している。

隆は、釣り糸をたらしながら、麻美のやつに、勝手なこと言われているけど、ぜったいに大物を釣り上げて、皆を見返してやると、ムキになって釣っていた。

大物が釣れた!?

隆の竿には、なにも魚が掛からなかった。

「釣れないな…」

隆は、一向に魚が釣れない釣りにだんだんと飽きてきていた。

「隆は、もっと落ち着かないから、釣れないのよ。のんびり気長に魚が掛かるのを待たなきゃ」

麻美が、釣れずにいらいらしてきている隆を慰めた。

「ルリは、釣れているか?」

隆が、ルリ子のバケツの中を覗き込んだ。

小さな小魚が数匹、バケツの中で泳いでいた。

「だめ、小さいのしか釣れない」

ルリ子が答えた。

「でも、ルリちゃんはすごいよ。私たちもそうだけど、隆なんかも一匹も釣れていないんだから」

麻美が、佳代と一緒に、自分の竿を確認しながら言った。

「これじゃ、皆の分の食事にならないな」

隆は、ルリ子のバケツの中の小魚を眺めながら、苦笑した。

「隆さんの竿は、釣れないの?」

「ああ、ぜんぜんだめだ。たぶん、俺の使っている竿じゃ、海用でないから釣れないんだよ」

隆は、あきらめたように答えた。

「私も、やってみたい」

雪と舵を交代した洋子が言って、隆の竿を取ると、餌を付け直して海に投入した。

「あ、掛かった!」

自分の竿のなんだか重たい感触に、興奮したルリ子が叫んだ。

ルリ子は、自分の竿を引いて、船の上に引き上げると、竿には大きなタコが掛っていた。

「あ、タコだ!」

佳代が、ルリ子の釣ったタコを見て言った。

「あら、美味しそう。そのぐらいの大きさのあるタコなら、皆の分、食べれるだけ量もあるんじゃない」

料理担当の麻美が言った。

「あ、私も掛かった!」

洋子が叫んで、自分の竿を引き上げた。

洋子が釣ったのは、小さな小魚だった。

「すごいじゃない!隆から洋子ちゃんに代わった途端に、魚が釣れた」

「本当だ。釣れないのは、隆さんの使っていた竿のせいじゃなかったのね」

雪と麻美が、笑いながら話している。

「俺には、魚釣りは向かないんだな」

隆は、何も言い返せずに黙ったままになってしまっていた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。