楽々クルージング

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第72回

斎藤智

「おはよう」

船尾の部屋から起きてきた隆は、パイロットハウスで舵を取っているルリ子に声をかけた。

「ずいぶん、楽した操船をしているじゃない」

普通のヨットならば、寒くてもデッキに出て、そこで舵を取らなければならないのに、ラッコはパイロットハウスが付いているので、船内で操船することもできる。

それを利用して舵を取っているルリ子に言った。

「そうでしょう。佳代ちゃんが考え出したの!ここで操船すれば、暖かく操船できるでしょう!」

ルリ子は、隆に自慢した。

「無精だね」

隆は、苦笑していた。

ラッコのオーナーになる前は、ずっとレース艇のクルーをしていた隆だったので、寒くても、暑くても、いつもコクピットで舵を握っているのが当然だと思っていたのだ。

でも、この船には、せっかくパイロットハウスが付いているのだし、楽にクルージングするのも嫌いではない隆だった。

いや、むしろ、せっかく付いているのだから利用した方が良いだろう。うまくパイロットハウスを利用していた佳代に脱帽だった。

「あれ、麻美は?」

ウォッチ担当のはずの麻美の姿がないので、隆は、きょろきょろと麻美を探した。

「後ろの部屋で寝ているよ」

「え、隆さんと一緒に寝ていたんじゃないの?」

ルリ子と佳代が、一斉に答えた。隆は、自分が寝ていた後ろの部屋のドアを開けて、中を覗いた。

「あ、本当だ。ここで寝ていたのか。布団をかぶって寝ているから、ぜんぜん気づかなかったよ」

隆は言った。

それを聞いて、ほかの二人は笑いだした。

「代わろうか?」

隆は、ウォッチの交代かなって思って、ルリ子に言った。

「ありがとう」

ルリ子は、舵を離して、隆と代わった。

船首の部屋から洋子も起きてきた。

隆と舵を交代したルリ子は、パイロットハウスのサロンに腰かけて、テーブルの上のポテトチップに手を伸ばした。

「お腹空いただろう?麻美のこと、起こして朝ごはん作らせようか」

ポテトチップを食べているルリ子を見て、隆は聞いた。

「大丈夫。麻美さんって、なんか疲れていたみたいだし…」

「っていうか、今朝の朝ごはんは、私が作るよ」

洋子がギャレーの前に立って、言った。

「そうか。洋子って料理できるのか?」

隆に聞かれて、洋子は、無言で苦笑していた。

洋子は、家でも料理は、いつもお母さん任せで、あまりしたことが無かった。

筆島、アゲイン

「美味しいじゃない!」

隆は、パイロットハウスのサロンに座って、洋子の作った朝食を食べながら、言った。

「うん。美味しいよ」

ほかのクルーたちも、洋子の作った朝食を口々に褒めてくれたので、エプロンをしてステアリングを握っていた洋子は、ちょっと満足だった。

「おはよう」

皆よりも、遅く起きてきた麻美が、よく眠って、すっきりした顔で挨拶した。

「あら、洋子ちゃん。エプロンして、操船しているの」

麻美は、いつも自分がギャレーで料理するときに付けているエプロンをしている洋子の姿を見て、聞いた。

「洋子ちゃん、今朝の朝食は、作ったんだよ」

「麻美さんの分も、ここにあるよ」

洋子が答える前に、ルリ子や佳代が、麻美に答えた。

ルリ子が指さしたテーブルの上には、麻美の分の朝食の目玉焼き、ソーセージなどがお皿に盛られていた。

「ありがとう。ちょっと歯を磨いてきてから、いただくね」

麻美は言うと、船首のトイレ、バスルームに歯を磨きに行った。

麻美は、歯を磨いて戻って来ると、サロンに腰かけて、自分の分として用意されていた朝食を食べた。

「美味しいだろう?」

隆は、麻美が食事している姿を、じっと眺めながら聞いた。

「うん、美味しいよ。洋子ちゃん、お料理上手じゃない」

麻美は、洋子のことを褒めた。

「隆は、自分が作ったわけじゃないのに、そんなに心配そうな顔で、食べている私の顔を、確認しないでよ」

麻美は、隆が、じっと心配そうに、自分の食べている姿を覗きこんでいる、その姿が、可笑しいのをこらえながら言った。

「あ、筆島!」

パイロットハウスの窓から外を覗いていた雪が、大島の横に立っている筆島の姿を見つけて、叫んだ。

「おお、もう筆島の見えるところまで来たんだ」

大島の横に立っている筆島の姿を、皆は懐かしそうに眺めていた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。