愛車選び

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第152回

斎藤智

麻美は、隆につきあって車屋さんに来ていた。

隆が、自分の持っているエスティマを買い替えたい、というので麻美もつきあっていたのだった。

買い替えのきっかけは、先週のヨットに乗った、横浜マリーナからの帰り道だった。

今までは、ラッコの乗員は6人だった。

それに香織が加わって7人になった。

帰りの車が全メンバーでは乗るのに狭くなってしまったのだ。

さらに先週は、マリオネットの生徒さん、美幸も一緒だったので、けっこう満員になっていた。

隆に麻美、雪、洋子、ルリ子、佳代だったときは、麻美が運転席で運転して、隆が助手席、後ろの中段に雪、洋子が座って、一番後ろのシートにルリ子と佳代の2人が座っていた。

香織がもう一人増えたので、さすがにもう乗る場所が無いのだ。

先週は、最後部にルリ子と香織、中段には、雪、洋子、美幸の3人が詰め合って座り、身体の小さい佳代は、運転席の麻美と助手席の隆の間にちょこんと座っていた。

「最近7人乗りの車ってあるじゃん。車を買い替えようよ」

ヨットがすべての生活の中心にある隆の提案だった。

「良いと思う。買い替えようよ」

隆は、もったいないと反対されると思っていたのに、意外にも、麻美も車の買い換えに賛成してくれていた。

「この車、やっぱり古いよ。いろいろ装備とか、オートクルーズとかも付いていないし」

麻美は、隆に言った。

麻美が隆と一緒に、新型のエスティマを車屋に見に行ったときも、隆が新型のエスティマではスタイルが良くないとか言って、この旧型のエスティマを中古で購入したのだ。

そのときも、外観のスタイルが気に入っていた隆に対し、麻美は装備が少し古くさくないかな、運転とか今の車よりもやりづらそうと思っていたのだった。

「まあ、隆の車なんだから、隆が買い替えたいのだったら、好きに買い替えれば良いじゃないの」

麻美は言った。

「でも、運転するのは麻美なんだから」

横浜マリーナの行き帰りは、もちろん会社に出社するときも、どこに行くときも、実際に隆の車を運転していたのは、ほとんど麻美だった。

そんなわけで、麻美も一緒に車屋さんにやって来たのだった。

「どの車にする?」

「7人乗りのシエスタ…」

隆は答えた。

テレビで見たCMの受け売りだ。

実際にシエスタがどんな車なのか、車にまったく興味のない隆は知らなかった。

ただ、テレビでタレントが7人乗りの車、シエスタと言っていたのを聞いて、ラッコの乗員7人が頭に浮かんで、シエスタが良いと勝手に思っているだけなのだった。

「これなら、サイズも運転しやすそうで良いじゃん」

実際にショールームでシエスタを見た隆は、そのコンパクトな姿からの感想を、麻美に述べた。

それだけ言うと後は、車選びは、麻美に任せっきりで、自分はスポーツカーの置いてあるところに行って、展示してあるオープンカーの運転席に乗ってみたりしていた。

「どお?」

隆は、オープンカーの運転席で、麻美が日避けでしていたサングラスをかけて手を振っている。

「隆さ、車の運転下手なんだから、こんなオープンカーを運転したら、運転へたくそでも屋根ないから隠れるところ無くなるよ」

隆は、麻美に言われてしまっていた。

「あっちも乗ってみようか」

隆は、奥に置いてあるポルシェのところに行った。

「かっこいいな!」

「ソファのクッションもいいわね」

隆がポルシェの運転席に座ったので、麻美は助手席に座ってみた。

「やっぱり、麻美がこっちでしょう」

そう言うと、隆は運転席から降りて、車をぐるっと回ると、麻美の座っている助手席のほうにやって来た。

「早く、場所交代しよう」

麻美は、隆に言われて、仕方なくポルシェの運転席のほうに座る。代わりに、隆が今まで麻美の座っていた助手席に座る。

「やっぱ、こっちの方が落ち着く、しっくりくるね」

隆は、助手席の方に座ってご機嫌だった。

「どうですか?お客様。これはかなりお得ですよ」

2人がポルシェに乗っていると、セールスマンがやって来て言った。

「そちらのギアを引きながら発進するんです。ポルシェの運転は普通の車とは多少違って特殊なんですよ」

セールスマンは、ポルシェ特有の運転の仕方を麻美に説明してくれる。

「なんだか複雑ですね」

「そうかな。そこのところが少し変わるだけでしょう」

セールスマンから聞いても、よく運転の仕方がわからない隆と反対に、麻美のほうは、理解できているようだった。

「隆には、ポルシェは運転できないね」

隆は、麻美に言われた。

「まあ、いいよ。麻美さえ運転できるのならば」

隆は答えた。

「はは、奥様のほうが運転は上手そうなんですね」

セールスマンは、車の運転の飲み込みが早そうな麻美のことを褒めていた。

「隆が運転できないじゃ仕方ないから、シエスタのほうを見に行こう」

麻美は、隆を連れてポルシェ売り場を離れた。

「やっぱり、こういうのが車らしくていいか…」

運転の難しそうなポルシェをあきらめて、シエスタに乗りながら隆は負け惜しみを言った。

「さっきのセールスマンに私、奥様って言われちゃったよ」

麻美は、隆に言った。

「まあ、麻美も年齢的には、おばさんの年齢だからね」

隆は、麻美に言われたことを軽く受け流していた。

「そういえば、船でも、この間、雪ちゃんに隆と進展ないの?みたいなこと聞かれたんだよ」

「あいつらは、恋バナとか好きだからな」

「そうなの?」

「火のあるところどころか、火のないところにまで恋バナすぐに立てたがるから」

「火のないところなんだ…」

麻美は、小声でつぶやいていた。

「で、どれにする?シエスタでいいの?麻美の一番運転しやすい車が良いと思うけど」

隆は、車の選択に迷っていた。

「私、あれが良いんだけど」

麻美が指さしたのはキャンプ、ツーリング仕様のステップワゴンだった。ステップワゴンも7人乗りになっていた。

結局、麻美がいいと言っていたステップワゴンになった。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。