帰り道

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第171回

斎藤智

次の日の朝、三崎港を出港して、横浜マリーナに帰る航路をセイリングしていた。

「クルージングも、今日で終わってしまうね」

「もう連休、終わってしまうね」

三崎港から横浜マリーナに帰る行程は、今日で連休が終わってしまうということで寂しさもあった。

「もっと連休が長ければ良いのに」

「ルリは、どのぐらいあったら良いと思う?」

「そうね。10連休ぐらいあったら良いのに」

後に、令和という時代が来て、本当にゴールデンウィークが10連休になることがあるなどど、ぜんぜん思いもしていないルリ子が答えた。

「お魚がかかったよ!」

船尾から釣り針を流していたルリ子が叫んだ。

長さ10センチぐらいの魚だったが、ルリ子が引き揚げた釣り針には、魚がかかっていた。

「美味しそうじゃない」

「今日のお昼ごはんのおかずになるね」

一匹だけでは、皆で分けたらひとり分がすごく少なくなってしまいそうだったが。

けっこう、良い風が吹いていたので、マリオネットも、あっきーガールも、ラッコよりも遥か先に行ってしまっていた。

フィンランド製で、内装に重厚な木材をたくさん使っている重たいモーターセーラーのラッコだけは、風が吹いても、あまりスピードが出ずにのんびり走っていたのだった。

「ね、もう連休最後だし、今日のお昼は浦賀に寄って、カレーライスを食べていかない?」

麻美は、ルリ子が釣った魚をさばきながら提案した。

「いいかも」

船は、ちょうど浦賀の前を走っているところだった。

ラッコの針路を、浦賀のヨットハーバー、ベラシスのほうに向けて走りだした。

「いらっしゃいませ」

ラッコが入港すると、ベラシスのスタッフがポンツーン上で出迎えてくれた。

「お昼ごはんの食事をさせてください」

ベラシスのポンツーンに船を停めると、マリーナ内のレストランに入った。

そんな大きなレストランではないのだが、横須賀名物のカレーライスが食べられるので、浦賀の辺りに来た時には、ラッコは、よくここで食事をしていた。

「何にする?」

隆は、メニューを開きながら聞いた。

「私、シーフード」

「私はカツ」

ほかの料理もあるのだけれども、皆、カレーライスを頼んでいた。

「俺もカツカレーかな」

隆もカレーを選んだ。

麻美がウェイトレスを呼んで、皆の分を注文した。

「あと、私はチャーハンでお願いします」

麻美は、最後に自分の分を注文した。

「カレーじゃないんだ」

ウェイトレスがキッチンに戻って行った後で、隆は麻美に言った。

「うん。なんか、ここのチャーハン美味しそうだったし、食べてみたかったんだ」

皆のところに食事が運ばれてきた。

皆の前には、シーフードやカツなどカレーライスが置かれているのに、麻美の前だけは、チャーハンだった。

「なんか一人だけ違うものだと、美味しそうに見えるな」

隆は、麻美のチャーハンを見て言った。

「食べる?」

麻美は、チャーハンを半分ぐらい食べ終えると、残りのチャーハンをお皿ごと隆に渡した。

隆は、遠慮せずに麻美からもらったチャーハンも食べていた。

「お腹すいちゃうよ」

佳代は、自分のカレーをスプーンですくうと、麻美に食べさせてあげていた。

「大丈夫よ。船に帰ったら、ルリちゃんの魚もあるし、香織ちゃんが昨日焼いたスイーツが食べてみたいし」

麻美は、佳代から一口だけカレーをもらった後、言った。

船上お料理教室

そのスイーツは、昨晩、香織が焼いたものだった。

ヴェラシスのレストランで、カレーライスを食べ終えて、ヨットに戻ってきた。

食後、本当はもう少しゆっくりしてから出港したいところだが、帰るのが遅くなるので、すぐにポンツーンを離れて出港した。

「紅茶を入れようか」

麻美は、香織と一緒にキャビンに入って、ギャレーで紅茶を用意すると、昨日の夜、香織が焼いたスイーツをお皿に並べていた。

「美味しいね」

デッキに持っていくと、皆は口々に言いながら、香織の焼いたスイーツを食べてくれていた。

昨日の夜、船の中で焼いたものだった。

ギャレーの棚の奥のほうに入っていた小麦粉を見つけた香織が、クルージングで余っていたフルーツを使って作ろうということになったのだった。

ラッコのギャレーには、コンロの下にオーブンが付いている。

オーブンを暖めておいて、その間に粉を練って、フルーツを混ぜて生地を作った。

出来上がったパン生地を、オーブンの上に並べて焼く。

出来上がったスイーツは、船内じゅうに甘くいい香りをさせていた。

「本当に美味しいね。香織ちゃんって家でもよく焼くの?」

「お菓子作りはよくするよ」

香織は答えた。

「でも、家のオーブンだとあまりよく焼けないの」

香織は言った。

「ここのオーブンのほうがうまく焼ける」

「そうなの?なんで」

「たぶん、うちのオーブンって電気なのよ。この船の中のオーブンってプロパンでしょう」

香織が説明した。

「そうか。火力が強いのか」

「うちのオーブンもはじめ、ガスにする予定だったのに、お母さんがオーブンなんてそんなに使わないから、電気で十分とか言って、電気のオーブンになっってしまったの」

香織は答えた。

「香織ちゃんって、実家によく帰るんだ」

「え、そんなには帰らないよ。帰れないよ。うち、岡山だもの。たまに帰った時には、お菓子作りを今でもよくするよ」

「今の家では、やらないの?」

「やらない。今の家は、オーブンも無いし」

香織は言った。

「今度からお菓子を作りたくなったら、ヨットに持ってきて、ヨットで作ろうかな」

「うん。作る時は私も呼んでね」

「いいよ。一緒に作ろう」

「うん。でも、私は作るよりも食べるの専門がいいな」

「私も!」

ルリ子も答えた。

「私は、飲むの専門!香織ちゃんのスイーツを肴に」

雪が言って、皆は笑った。

ヨットは、横浜港内に入って、横浜マリーナのクラブハウスの建物が見えてきた。

これでゴールデンウィークのクルージングも終わりだ。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。