Skip to content

B型肝炎、再発患者も救済対象に 最高裁が2審判決を破棄差し戻し

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 集団予防接種によるB型肝炎患者をめぐり、20年以上前の最初の発症でなく、再発時を基準に損害賠償を国に請求できるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は26日、再発時を基準とすべきだと判断し、患者側敗訴とした2審福岡高裁判決を破棄した。その上で賠償額の計算のため、審理を高裁に差し戻した。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top