3度目の緊急事態宣言、短期集中で強化 大型施設や酒類提供店に休業要請へ

 新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う3度目の緊急事態宣言では具体的な対策の中身が焦点となり、人出を抑えるため、酒類を提供する飲食店や大型商業施設の休業要請などの政府方針が固まった。飲食店の営業時間短縮が中心だった前回の宣言や蔓延(まんえん)防止等重点措置では効果に限界があり、対策を大幅に強化。大型連休を念頭に17日間の短期集中的な発令となるが、効果の見極めも含め難しい判断が求められている。
(ヘルスケアニュース)