Skip to content

4月テレワーク実施率19・2%で低下、「蔓延防止重点措置は影響しない」

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 日本生産性本部は22日、新型コロナウイルス感染防止で適用された「蔓延防止等重点措置」期間となる、今月12~13日の、テレワーク実施率が全国で19・2%だったとする調査結果を発表した。緊急事態宣言が発令されていた今年1月の調査結果(22・0%)からテレワーク実施率は低下した。同本部は、重点措置はテレワーク実施率に影響を及ぼしていないと説明している。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top