露プーチン氏「敵対者は後悔」 欧米を牽制、年次教書演説で

 【モスクワ=小野田雄一】ロシアのプーチン大統領は21日、上下両院議員や地方知事に内政や外交の方針を示す年次教書演説を行い、「ロシアの安全保障上の根本的利益を脅かそうとする者は、自身の行為で過去にない後悔を味わうだろう」と述べた。ロシアによる人権侵害やウクライナ国境付近での軍備増強を非難しているバイデン米政権や欧州連合(EU)を牽制(けんせい)した発言だ。
(政治経済ニュース)