Skip to content

錦織圭、ベスト16入り 対戦相手が途中棄権、テニスの全仏オープン

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 テニスの全仏オープン第6日は4日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス3回戦で世界ランキング49位の錦織圭(31)は予選から勝ち上がった150位のアンリ・ラークソネン(スイス)が第2セット途中で棄権したため、2年ぶりにベスト16入りを果たした。雨天中断があった第1セットを7-5で先取していた。4回戦で第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top