運転手、車中で飲酒の疑い 千葉児童死傷 「帰る途中に飲んだ」と供述も飲食店に立ち寄った形跡なく

 千葉県八街市で下校中の小学生5人が大型トラックにはねられ死傷した事故で、呼気からアルコールを検出し、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで送検された同市の運送会社運転手、梅沢洋容疑者(60)が、配送先から戻る途中や勤務先の近辺の店での飲酒が確認されていないことが1日、分かった。県警は車中で酒を飲んだ疑いもあるとみて経緯を調べている。
(ニュース速報)