認知症、意思確認明確に ワクチン接種で厚労相

 田村憲久厚生労働相は23日の衆院厚労委員会で、認知症の人への新型コロナウイルスのワクチン接種について「どのような形で本人の意思確認をすればいいのかを丁寧に示したい」と述べた。既に表情やしぐさによって判断しているケースもあるが、確認方法を明確に示し、近く自治体に通知を出す。立憲民主党の山井和則氏への答弁。
(ヘルスケアニュース)