Skip to content

蔓延防止措置でCO2濃度測定器の需要急増 設置側の飲食店には温度差

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 新型コロナウイルスの感染拡大による蔓延防止等重点措置を受けた各地で、飲食店への設置が要請された二酸化炭素(CO2)濃度測定器の需要が急増。3度目の緊急事態宣言が発令され、更なる需要増が考えられる。一部で入荷まで数カ月待ちという状況もあり、メーカーは増産を急ぐ。飲食事業者側は導入を進めるが、設置基準のあいまいさや設置は義務ではないことから、事業者間で温度差もある。
(ビジネスニュース)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top