菅首相、処理水海洋放出の風評被害対策「できることは何でもやる」

 菅義偉(すが・よしひで)首相は22日午前、東京電力福島第1原発で汚染水を浄化した後の処理水の海洋放出をめぐり、官邸で福島県の内堀雅雄知事と面会し、「福島県の要望はいずれも重く受け止める。風評被害についてできることは何でもやる。その覚悟で臨む」と述べた。内堀氏が面会後、記者団に明らかにした。
(ニュース速報)