苦渋の緊急事態宣言 変異株で「蔓延防止」効果薄く…五輪開催へ背水

 菅義偉(すが・よしひで)首相が、3度目となる新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令にかじを切る。「切り札」の緊急事態宣言はできるだけ温存し、ワクチンが国民に行き渡るまで、蔓延(まんえん)防止等重点措置で時間を稼ぐという基本戦略は、感染力が強い変異株を前に修正を余儀なくされ、苦渋の決断を強いられた。首相は夏の東京五輪・パラリンピックの開催に向け、「背水の陣」で対策に当たる。
(ヘルスケアニュース)