緊急事態宣言は4月25日から5月11日まで 酒類提供の店に休業要請へ

 政府は23日、新型コロナウイルス対策本部を開き、東京、大阪、兵庫、京都の4都府県に対し、特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を決める。大規模商業施設や酒類を提供する飲食店への休業要請などの対策が検討されており、政府と対象都府県は22日も詰めの協議を続けた。期間は25日から5月11日とする。対策本部では、宣言の前段階に当たる「蔓延(まんえん)防止等重点措置」を愛媛県に適用することも決める方針だ。
(ニュース速報)