経団連会長「強い覚悟と国際社会を主導」 排出量削減新目標で

 経団連の中西宏明会長は22日、菅義偉首相が2030年度に温室効果ガスを13年度比で46%削減する新しい目標を表明したことについて、「人類にとって喫緊の課題である気候変動問題の解決に向けた強い覚悟を示すとともに、国際社会を主導する確固たる決意を表明した」と高く評価した。
(ニュース速報)