米、国際協調の主導権狙う 排出量削減目標2倍に

 【ワシントン=塩原永久】バイデン米政権は22日、気候変動に関する首脳会合(気候変動サミット)の開幕直前に温室効果ガス排出量を2030年までに05年比50~52%削減する新たな目標を発表した。狙いは気候変動対策で世界最大の排出国である中国に行動を促し、国際協調の主導権を握ることだ。ただ、中国側には米主導の枠組みへの警戒感もあるとみられ、米国側にも環境技術で中国に先行を許すことへの危機感がある。国際協調の舞台裏では、米中のつばぜりあいが続きそうだ。
(ニュース速報)