Skip to content

福島の新鮮魚介にほれ込み、新メニュー提供 都内の人気パエリア店

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 東京・虎ノ門のスペイン料理のパエリア店「エルトラゴン」では、「常磐もの」と呼ばれる福島県産の魚介を使ったオリジナルメニューを提供している。東日本大震災から10年を迎えた同県の漁業・水産業の復興応援が目的。昨年11月と今年3月に開かれたイベント「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル 発見!ふくしまお魚まつり by デリバリー&テイクアウト」(主催・同実行委員会)から派生した企画の第2弾で、東京都台東区の中華料理店「馥香(フーシャン)」に続き、今度はスペイン料理で福島の魚介が味わえる。
(ビジネスニュース)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top