Skip to content

温暖化対策、予算ねん出も課題、「環境税」「環境債」…実現に壁も

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 2030(令和12)年度までの温室効果ガス排出削減目標が13(平成25)年度比26%減から46%減に引き上げられ、政府は再生可能エネルギーの導入促進や電気自動車の普及加速などに向けた財源の確保にも迫られる。既に対象を環境分野に絞った増税や国債の発行案が浮上しているが、いずれも負担増を嫌う経済界や、財政悪化を避けたい財務省が巻き返しに動いており、議論が拮抗(きっこう)している。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top