気候変動サミット、新目標の達成に具体策欠如 日本は楽観視できず

 22、23日の2日間の日程で開かれたバイデン米大統領が主催する気候変動に関する首脳会合(気候変動サミット)には中国やロシアも含め、招待した全首脳がオンラインで参加し、11月の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)へ向け協調を演出した。だが大幅に上積みした温室効果ガス排出削減目標を表明したのは米国や日本など一部にとどまり、二酸化炭素(CO2)の国別排出1位の中国の発表は新味に乏しかった。菅義偉首相が表明した新目標をどのように達成するか、政府は具体策を示しておらず、前途は楽観視できない。
(政治経済ニュース)