東証小幅続落、終値21円安 米雇用統計控え様子見

 30日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は小幅に続落した。終値は前日比21円08銭安の2万8791円53銭だった。米国の重要な経済指標である雇用統計の発表を控え、投資家に様子見ムードが広がり、前日終値を挟んでもみ合った。
(ニュース速報)