東証反落、終値139円安 米景気、コロナ流行に懸念

 3日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。終値は前日比139円19銭安の2万7641円83銭だった。米国の景気鈍化懸念や、世界的な新型コロナウイルス変異株の流行が経済再生への足かせになるとの見方から、下げ幅は一時280円を超えた。
(ニュース速報)