東出昌大、不倫離婚後も名だたる監督が求める「俳優としての異物感」

 俳優・東出昌大が今秋公開の映画『草の響き』(斎藤久志監督)で3年ぶりに主演を務めることが発表されるとネット上は大荒れ。不倫離婚の余波はいまだ大きいようだが、「プライベートのことは抜きにしても、俳優として演技力無いのによく主演できるなって不思議に思いました」といった演技に関する辛辣なコメントも並んでいる。
(ニュース速報)