普段より人は減ったけど… 緊急事態宣言初日の東京都内

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3回目の緊急事態宣言が発令された25日、東京都内の繁華街や観光地などでは、普段よりは少ないものの、1、2回目の緊急事態宣言時よりはるかに多い人の姿が見られた。再び始まった我慢の日々。ただ、長引くコロナ禍による経済への打撃に加え、「自粛疲れ」や「宣言慣れ」もあり、効果は見通せない状況だ。
(ヘルスケアニュース)