Skip to content

日航、赤字130億円縮小

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 日本航空は26日、2021年3月期連結決算の最終損益予想の赤字額を従来の3000億円から2870億円に上方修正すると発表した。減便に伴う燃料費などの抑制や、人件費などのコスト削減策が貢献した。売上高予想も4600億円から4810億円に引き上げた。国内線の需要が想定を上回り、貨物事業も好調に推移したことが要因。
(ビジネスニュース)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top