Skip to content

日本の30年脱炭素目標、基準年同じなら米国並み 課題は実現可能性

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 米政府が主催する気候変動に関する首脳会合(気候変動サミット)に合わせて、日本政府は温室効果ガスを2030年度までに13年度比46%減らす新目標を発表した。日本の13年度時点の温室効果ガス排出量は二酸化炭素(CO2)換算で約14億トン。これを起点に50年に排出量がゼロになるように一直線で線を引くと30年度時点では46%の削減が必要となるが、確たる積み上げで出た数字かは疑問が残る。
(政治経済ニュース)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top