新型コロナが経営に悪影響65・6% 群馬県の経営環境影響調査

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、経営に既に悪い影響が生じているとする群馬県内の事業者が65・6%に上ることが、県の「経営環境の変化による影響調査」で分かった。前回調査(昨年11月)から8・7ポイント悪化。コロナ禍が企業経営に暗い影を落としている実態が浮き彫りになった。
(政治経済ニュース)