Skip to content

断交後初、米臨時大使が台湾公邸訪問 中国牽制でさらなる関係強化へ 識者「日本も安倍晋三前首相が訪台を」

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 駐日米国大使臨時代理大使のジョセフ・ヤング氏は24日夜、台湾の駐日大使にあたる台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表と、都内の代表公邸で意見交換した。米大使級が、台湾代表公邸を訪れて交流するのは、1979年の米台断交後初めて。中国共産党政権による軍事的覇権拡大が、台湾の平和と安定を脅かすなか、米台関係強化を図ったようだ。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top