Skip to content

慶大1年・清原Jr.はスターになれるか 父の前で神宮デビュー、堀井監督「雰囲気がある。来年ベンチ入りする可能性も」

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 西武などで活躍した清原和博氏(53)の長男で慶大1年の清原正吾内野手(18)が2日、東京六大学野球フレッシュトーナメントの東大戦(神宮)に代打で初出場。2試合連続でスタンドから見守った父の前で右飛に倒れた。中学から野球を離れ6年間のブランクがあるが、慶大の堀井哲也監督(59)は入部4カ月で急成長を遂げた打撃センスを高く評価。来年の春季リーグ戦からのベンチ入りも夢ではなくなってきた。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top