Skip to content

御宿印でゲストハウスを救え! コロナ苦境打開へ発案「御宿印帳プロジェクト」 全国80以上の宿が参加

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 兵庫県姫路市のゲストハウスが寺社巡りで人気のある御朱印集めにあやかった「御宿印帳プロジェクト」を立ち上げた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で訪日外国人客が激減するなか、発起人の城下智久さん(50)は「経営に苦しむ各地のゲストハウスの助けになれば」と意気込む。救世主“降臨”となるか-。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top