小池氏「強い対策必要」 酒類提供自粛案など緊急事態措置、協議続く

 東京都の小池百合子知事は22日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言に関し、都内での変異株の急拡大を踏まえて「これまで通りでは押さえ込めない。より強い対策が必要だ」と述べ、人の流れを抑制する具体的措置の協議を政府と続けていると明らかにした。同日開かれた都のモニタリング会議後、報道陣の取材に答えた。
(ヘルスケアニュース)