Skip to content

失踪の前中日・門倉コーチの妻が独占激白「狐につままれている状態」 シーズン途中で放棄ありえない…天職なのに 何らかの形で連絡を「生きてるから」だけでもいい…

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 失踪中の前中日2軍投手コーチ、門倉健氏(47)の妻、民江さん(52)が27日、横浜市内で本紙の取材に応じた。門倉氏は無断欠勤した15日から連絡がつかなくなり、球団に郵送されてきた退団届を民江さんが夫の直筆と確認のうえ受理。この日の日本野球機構の公示でコーチ登録を抹消された。捜索願を出した妻は約40分間の激白で、深夜までテレビ電話で話した夫が翌朝に姿を消した背景について、金銭や女性などのトラブルを否定。「理由が分からない。私たちも狐につままれている状態」と心境を語り、「電話1本、『生きてるから放っておいてくれ』だけでも…」と安否を知らせる連絡を切望した。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top