大阪・池田市サウナ問題 冨田市長が辞職表明

 庁舎内に私物の家庭用サウナなどを持ち込んでいたなどの問題が明らかになった大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が26日午後、会見を開き、辞職の意向を表明した。冨田市長は「一連の問題のけじめと責任を取るために市長を辞職する」と述べた。時期については「高齢者のワクチン接種が行き届いたとき」などとした。
(ニュース速報)