Skip to content

大坂なおみ、会見拒否で四大大会追放危機 全仏初戦突破も罰金165万円、広がる波紋

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 テニスの全仏オープン(パリ)で、世界ランキング2位の大坂なおみ(23)は30日、シングルス1回戦を突破し、オンコート・インタビューには答えたが、大会直前に宣言した通り試合後の記者会見には姿を現さなかった。大会規則で定められている記者会見出席を拒否したことを受け、罰金として1万5000ドル(約165万円)が科された。四大大会の主催者は同日、今後も違反が続けば全仏で失格、他の四大大会で出場停止処分の可能性を通告する異例の共同声明を発表。会見拒否は大きな波紋を広げている。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top