Skip to content

夏の“電力危機”ワクチン大丈夫か? 超低温冷凍が必要、集中治療室にも支障の恐れ 「送電線1つ切れれば大停電リスクも」

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 コロナ禍が2年目を迎える中、経済産業省がこの夏と冬の電力需給が切迫するとの見通しを明かした。専門家は大停電発生のリスクにも言及、万が一「ブラックアウト」が生じた場合、超低温冷凍が必要な新型コロナワクチンの接種や、重症者らが入院する集中治療室(ICU)に支障が出る恐れもある。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top