変動料金、年度内にも拡大 大都市混雑緩和へ国交省

 国土交通省は26日、東京五輪・パラリンピックに合わせて首都高速道路へ導入する変動料金について、早ければ本年度中に首都圏の他の高速道路でも実施する方針を明らかにした。国交省は、変動料金を首都圏の混雑区間で拡大していく方針を既に打ち出しており、課題を検証する。将来は中京圏や近畿圏にも広げたい考えだ。
(ニュース速報)