Skip to content

堤高139メートルは九州一、小石原川ダム事業完了 福岡県朝倉市

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

 福岡県朝倉市で進められていた小石原川(こいしわらがわ)ダムの建設事業が完了し、試験湛水(たんすい)を経て、近く本格運用に入る。堤高は139メートルと九州のダムで最も高く、ダム湖は一般公募により「令和あさくら湖」と命名された。ダム建設や昨年7月の豪雨災害が重なり、通行できなくなっていた国道500号は、6月中の供用開始を目指す。開通すれば、ダム周辺は市民憩いの場となりそうだ。
(ニュース速報)

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top